RI方針

2018~2019年度RI会長 バリー・ラシン

ROTARY: BE THE INSPIRATION

ロータリー:インスピレーションになろう


第2760地区ガバナー方針

国際ロータリー第2760地区 2017~2018年度ガバナー 村井總一郎

地区方針:「あなたの街でロータリーを! あなたの街からロータリーを!」

       - ロータリーの奉仕の理念を学び、奉仕の実践をしよう -

会長方針

瀬戸ロータリークラブ  2018~2019年度会長 山本 英雄

「瀬戸ロータリーらしく、前に進めよう」

 

 本年、瀬戸ロータリークラブは1959年創立以来59年を迎えます。

 60年の節目の年を目前としたカウントダウンの年となります。

 当クラブは2760地区の19番目、東尾張分区で最初のクラブとして、職業奉仕の理念と実践、地域への貢献を第一に据えて、伝統と格式のあるクラブとして歩んで参りました。 

     2018~2019年度会長 山本 英雄


 又2015-16年度加藤陽一ガバナー輩出・地区運営、昨年のRYLAセミナー開催などにより地区や地区内の各クラブとの信頼関係を深め、地区と通してRIへの理解も増してきたと思います。

 2016年規定審議会に決定された「クラブ運営の大幅な柔軟性と多様性を認める」大きな変化の中、メンバーの協調と奉仕のあり方を実勢の中に問い直す時期を迎えています。

 

 本年、バリー・ラシンRI会長テーマは「BE THE INSPIRATION:インスピレーションになろう」世界に、地域に、組織に良い変化をもたらす人(こと)になろう、ということだと思います。

 2760地区村井ガバナーの本年地区スローガンは

  「あなたの街でロータリーを! あなたの街からローターを!」

   ~ロータリーの奉仕の理念を学び、奉仕の実践をしよう~ です。

 そして共に語られていることがあります。マザーテレサの言葉です。

「世界を変えたいなら、うちに帰って家族を愛しなさい。まずは自分を変えることから始め、そこから外に向けた努力をしなさい」と。

 これは、ロータリーという組織を支える際に、私たち全員が心に刻むべきことなのです。

 

 それらを踏まえ本年は

瀬戸クラブのこれまでの歩みと思いをたどり、メンバーとしての誇りと自覚を胸に、今起こりつつあるロータリーの変化を捉えつつ奉仕の実践に努め、来るべき将来に向けてビジョンを描いていきたいと思います。

活動指針としてあげるのは

◎例会の充実・・・メンバーとしての自覚、奉仕の心を学ぼう。

◎語り合おう・・・親睦の中から連帯感が生まれ、奉仕に向かう。

◎奉仕プロジェクトの実施・・・RIメンバーの一員としての自覚を持とう。

◎柔軟で多様な会員増強・・・新たなメンバーがクラブの活性化に繋がる。

◎来る60周年を全メンバーの手で成功させよう。

 

瀬戸クラブらしさを自覚することが新たな前進のインスピレーションとなる。

 

 梶野輝雄会長、加藤孝爾幹事には変化の魁として本年に繋がる成果を残していただきましたこと感謝いたします。大変ご苦労様でした。