RI方針

2017~2018年度RI会長 イアン H.S. ライズリー

ROTARY: MAKING A DIFFERENCE

ロータリー:変化をもたらす


第2760地区ガバナー方針

国際ロータリー第2760地区 2017~2018年度ガバナー 神野 重行

地区方針:「今日からのロータリーを楽しもう!」

 

地区のビジョン:「10年後20年後も地区の輝きが持続可能であること」

-そのためにはクラブが輝いていることが必要-

会長方針

瀬戸ロータリークラブ  2017~2018年度会長 梶野 輝雄

 瀬戸ロータリークラブは、ガバナー輩出クラブとしての仕事も終えてほぼ1年、その余韻も鎮まりいつものクラブに戻りました。少しゆとりができた今、創立60周年を前にしてそれぞれがロータリアンとして更に資質の向上を図り、また我々のクラブの足元を固める良い時期だと思います。

 2017-18年度国際ロータリー会長のイアンH.S.ライズリーさんは「ROTARY:MAKING A DIFFERENCE ロータリー:変化をもたらす」をテーマに掲げられています。ロータリーを通じて地域社会に変化を生み出す。そのために、クラブのサポート、人道的奉仕の重点化と増加、ロータリーの公共イメージと認知度の向上の必要性を述べられております。

 そして、第2760地区の神野重行ガバナーは、地区ビジョンとして10年後20年後も地区の輝きが持続可能であること、地区方針として今日からのロータリーを楽しむ、行動指針としてクラブ戦略委員会の設置、クラブと地区行事への積極的参加、周りへの積極的働きかけ、ロータリーファミリーとの連携強化、会員増強を掲げられております。

 我々のクラブは2017-18年度にRYLAのホストを務めます。また20119-20年度には創立60周年の大きな節目を迎えます。それに向かって会員みんなが心を1つにできるような年度にしたいと思います。

 以上を踏まえて次の通り、クラブ運営に当たりたいと思います。

     2017~2018年度会長 梶野 輝雄


①ロータリーを考え、それを実践する。

②会員相互の親睦を図りロータリーの楽しさを共有する。

③クラブに変化をもたらす。

④例会を一層充実したものにする。

 

 ぜひとも皆様のご協力をお願い申し上げます。

 最後になりましがた2016-17年度には、瀬戸ロータリークラブの将来について考える中長期ビジョン委員会(クラブ戦略委員会)が設置されました。他クラブに先駆けてのことです。瀬戸ロータリークラブが輝き続けるために、今後もこの趣旨を受け継いでいきたいと思います。